移住者★佐助 第8話 大矢孝酒造の入口でロケ隊に遭遇し、首をかしげる佐助と美々

第8話 ビックリの文房具屋さん

あらすじ

愛川で評判の造り酒屋を訪れた土田家。

移住者★佐助 第8話 大矢孝酒造の入口でロケ隊に遭遇し、首をかしげる佐助と美々

蔵の中で、映画のロケ隊に遭遇する。

移住者★佐助 第8話 大矢孝酒造の入口で遭遇したロケ隊ロケ隊

愛川町を舞台にした映画祭「愛川レッドカーペット」に応募する制作チームらしい・・・

と心大のヨミを聞かされ興味を抱く佐助。

そして、心大に所望され、シャープペンの芯を買いに文具店を訪れるが、一風変わった雰囲気のそのお店。

移住者★佐助 文房具のたまのやを訪れた土田一家

誘われるように奥に歩を進める佐助は、文具店らしからぬ「ある空間」を発見。

呆然とする佐助に、店主が驚愕の事実を・・・

移住者★佐助 文房具のたまのやで、「ある空間」を発見する佐助

〈第6話で紹介愛川町のPRポイント!〉

愛川レッドカーペット

愛川町がロケ地の「愛」がテーマのショートムービーコンテスト。「まだ見ぬ無名のクリエイターとともに、無名の愛川町を世界中に発信したい!」そんな思いから2017年に初めて開催し、第2回(2018年)を経て、現在「第3回愛川レッドカーペット」を開催中です!(募集期間は終了しています)

第1回 最優秀賞(あいかわ発見動画の部)「だいすき。」(オダタツヤ監督・ポチョムキン部)

町外の若手クリエイターを中心に、これまで89作品の応募があり、愛川町内で撮影されたロケ地は、延べ229箇所に上ります。「YouTubeにへの公開」という万人に向けた応募方式で、過去の応募作品は、今なお愛川町の魅力を世界中に発信しています。

第1回 最優秀賞(愛のショートムービーの部)「あいのかわ」(活野創監督・ZO EIZO)

コンテスト開催後も、受賞クリエイターとタッグを組んで制作したプロモーション動画を、新宿アルタビジョンで放映するコラボ企画なども生まれ、この〈移住者★佐助〉を制作した映像制作チームOR→Pも、「にちじょう」で最優秀賞(第2回)を受賞しています。

第2回最優秀賞(ムービー部門)「にちじょう」(土井克馬監督・映像制作チームOR→P)

過去の受賞クリエイターの中には、その後、「東京学生映画祭」などで優秀な成績を収める方も!

第2回優秀賞「TOO MATCH」(宮原拓也監督・hamon)

〈協力〉

  • 文房具のたまのや・・・お店での撮影時にご協力&店主の「たまのやのおじさん」(市川直久さん)に本人役でご出演いただきました!

愛川町 文房具のたまのや 外観 入口

文房具のたまのやについて

愛川町役場のすぐそばにある、招き猫と黄色が目印の、一風変わった文房具屋さんです。歴史は古く、今から50年以上前の1963年、店主の両親が長津田(横浜市)から愛川町に移住し、この地に文房具屋を開いたことに始まります。

移住者★佐助 ドラマロケ地 文房具のたまのや 店内
招き猫やカップ

店内には文房具のみならず、様々な商品が並んでいます。

文房具のたまのや 商品ラインナップ お香
お香や・・・

店主によると、文房具はマジメ(?)なものを取りそろえ、その他の商品はとにかく「面白そうなモノ」「自分が好きなモノ」を並べているそうです。

駄菓子まで!
駄菓子まで!

「一風変わった文房具屋」をさらに印象付けるのは、ドラマで登場した「たまのや演芸場」です。

愛川町 文房具のたまのや 演芸場 入口

以前から町の商工会施設を借り、落語会やライブなどを開催してきた店主の市川さん。お客さんから「お店に常設の芝居小屋があると便利」と言われたことをきっかけに、仲間の協力を得て売り場の一部を改装、「たまのや演芸場」を作りました。

愛川町 文房具のたまのや 演芸場 中

2019年夏にオープンして以来、たまのや寄席「桂やまと落語独演会」やコンサートなどの公演を行ってきました。コロナ禍で公演が行えなくなってからも、演芸場からYouTube生配信にも挑戦しています!たまのや演芸場インターネット生中継チャンネル

移住者★佐助 第8話 大矢孝酒造

大矢孝酒造について

大矢孝酒造外観

江戸時代(1830年・文政13年)から続く蔵元。丹沢水系の清冽な地下水を仕込み水に使い、純米酒を醸しています。銘柄は速醸系の「残草蓬莱」(ざるそうほうらい)と生酛系の「昇龍蓬莱」。

昇龍蓬莱シリーズ 大矢孝酒造

愛川ブランドの「残草蓬莱純米大吟醸」(金ラベル)は、香りに突出せず、綺麗な吟味と後味のキレの良さが特徴で、食中酒として、食事とともに楽しめます。

残草蓬莱シリーズ 大矢孝酒造
中央の金ラベルが愛川ブランド・「残草蓬莱 純米大吟醸」

卵菓屋 きいろいソフトクリーム

卵菓屋について

卵菓屋の外観

ひと月当たり鶏卵生産量が約1,000トンを誇る神奈川中央養鶏農業協同組合の直売店です。豊かな自然の中で育つ鶏たちが産んだ良質で新鮮な卵と、卵スイーツや卵グルメなど、直売店ならではのメニューが並びます。詳しくは、ポケットに愛川をご覧ください。

移住者★佐助 第8話 卵菓屋
ドラマでも登場!大人気の「黄色いソフトクリーム」
愛川ブランド 卵菓屋プリン
1番人気の愛川ブランド「卵菓屋プリン」は、濃厚でなめらかな味わいを堪能することができます。

移住者★佐助 第8話 佐助の自宅にとまっている車

“第8話 ビックリの文房具屋さん” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中